• 葬儀というのは当たり前ではありますが

    葬儀は当たり前ですが義務ではないです。つまりは、別にしなくてもよい行為ではあります。では、なにをするのか、といいますと火葬です。直葬でも家族葬でも火葬はしないといけないことになっていますから、ここを履き違えている人は割といます。しかし、その葬儀というのは社会的にやるべきことということにもなっていますし、対面上それなりにやらないといけない、ということでもありますから、これはよく知っておきましょう。

     

    色々と作法などもありますから、実はかなり面倒なことでもあります。大抵の人は仏教なわけですが、その宗派によってこれまた違うことも多いですから、そこから考える必要性があることも多くあります。その為、専門的な知識がある人にお願いする、ということになります。それこそが葬儀業者ということになります。はっきりいって信用できるところであればほぼ丸投げでも問題ないレベルになります。かなりお金がかかる儀式ではあるのですが必要なことなのです。

    カテゴリー: 葬式

    コメント欄は現在閉じています。