• 最近の葬式に対する考え方の変化について

    最近は葬式をやる時も多くの人が家族葬や直送のようなできるだけ質素な葬儀をやろうとします。
    その一番の理由は葬式の費用をなるべく抑えるという目的があります。

    また昔と葬式に対する考え方が変わってきたというのがあります。
    それはつまり昔はどれだけ多くの人が参列して故人がたくさんの人に慕われていたかを
    アピールしたいという気持ちがあったりまた地味な葬式と思われたくないという気持ちから
    派手な葬式をするのが以前は一般的でした。

    ですが今はすっかり時代が変わって若い人を中心に自分の葬式はすごく質素な葬式にして欲しいと
    言う人が多くなっています。

    中には葬式自体まともにやらずに適当に骨を流してくれれば良いと言う人もいるくらいです。
    さすがにそれは冗談でもかなり葬式にお金をかける事に消極的になっているというのがあります。

    それだけ葬式に対する考えは最近は大きく変わったという印象があります。
    それくらい最近は葬式自体を派手にやる必要性は特にないと考える人が多くなっているという事です。

    カテゴリー: 葬式

    コメント欄は現在閉じています。